Googleアドセンスを活用した新しい集金システムを考案した

スポンサードリンク

ワシじゃ!あとらすじゃ!
約9か月以上も更新が止まってしまったが、
ワシは今も細々と生きておるぞ!

久しぶりにマネサイト更新するんだが、
まず1つ近況報告した上で今後の天望について
簡単ではあるが語っていこうかと


Google様から初の給料が支給されました!

Twitterでも触れたが、
この度マネサイトを1年以上稼働させて
ようやくGoogleアドセンスの最低支給額である
8,000円に達したので、Google様から給料が振り込まれた。

今年の2月から全く更新してなかったけど、
チリも積もれば山となるという言葉の如く、
地道に広告費を稼いでくれたおかげで
このような結果になったと考えています。

これを受けて取り合えず、
適当に作ったサイトにアドセンスぶち込んでおけば、
いずれ広告費は稼げると実証できたという事ですね!

だが、1年以上稼働させてようやく8,000円
このままでだと大した稼ぎになりませんし、
そもそもサーバー代で赤字です(笑)

そもそも今年の2月からなんで突然
更新止めたんだって話になるわけですけれどもね

悪いがそれに対して突っ込むのは勘弁願いたいorz


Googleアドセンスを用いた集金システム構築のポイント

さて、ここからが本題だ!

とにかくGoogleアドセンスを用いた集金方法のノウハウは習得した
これを応用すれば最悪サイトを更新していなくとも
広告費を着々と稼いでくれるという事が分かった以上は、
新しい集金システムを作るのみ!

という事であとらす並みに考えてみたんだが、
アドセンスで広告費を稼ぐ上で
以下の事に気づいてしまったんだ!

・アドセンスで稼ぐ上でSEOは全く関係ない(笑)
事実今月の2月以降SEO対策なんて
やってなかったけど広告費は稼げています(笑)

てことはSEO対策よりも他にやるべきことがあるという事
楽してそれなりに稼げればいいのだから
無駄な努力はどんどん切り捨てていくべきと気づきました

・慢性的にアクセス数増やす施策さえあればそれなりに稼げる

Googleアドセンスの稼ぎの傾向を見たところ、
アクセス数が増えればそれに釣られて、
広告費が増えていると分かりました。

てことは慢性的にアクセス数を増やす施策を
盛り込むのはアドセンスで稼ぐ上での
必須事項と言う事になるのは言うまでもない!

最近はSEO対策に依存せず、
SNSを用いてアクセス数を稼ぐ方法だってある!

SEO対策ありきなやり方でサイト運営するのは
無駄な時間を削るだけなので、
とにかく効率よく手っ取り早く
アクセス数を稼ぐ方法を活用しようと思います(笑)

・記事数を増やす事だけが稼ぎに繋がるとは限らない

サイト公開してからの初動はとにかく記事数を増やして
最低でも100記事は書いた方がいいのは強ち間違ってない

記事数をある程度稼がなければそもそも
Googleアドセンスの審査に通りませんからね(笑)

でも一度ある程度記事数稼いで、
Googleアドセンスの審査にさえ通したならば、
その後放置しててもなんら問題ないという事に気づきました!

事実9ヶ月以上放置してたマネサイトに
少額ながら広告費が入り続けているんですから

また慢性的にアクセス数を稼ぐ方法として
記事数を稼ぐ以外にも方法はあるという事に気づいたのです!

・SEO対策はどうでもいい
・要するにコンテンツを充実させればいい

これが今まさにワシが考案した
新しい集金システムのキモとなるのです!


これから時間かけて新しい集金システムを作っていきます

先ほど触れたポイントに基づいて
ある集金システムの構想を建てる事ができました(笑)

正直上手くいくか分からないところはある
だが一度上手くいけば確実に稼げる!!

短期決戦を覚悟の上で稼ぐ事になりそうなので、
事前準備を入念に行いたいと考えています(笑)

大まかなやる事は以下の通り

1.とりあえずサイト作る
2.コンテンツを充実させる
3.Googleアドセンスぶち込む
4.SNSを活用して一気に拡散させる
5.広告費を稼げるだけ稼ぐ

さあやる事は結構多いから
一つずつ着実に進めていこうかと思う


最後まで記事を見て頂きありがとうございます!

当記事に関する質問や言いたい事などありましたら、
下のコメント欄もしくは”お問い合わせページ”にて書き込みして下さい!

また記事冒頭や下のシェアボタンで自分のSNSなどに共有する事も出来ますので
たくさんコメントを書いて管理人を困らせちゃいましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で管理人あとらすを
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

2018-12-31

ありがとう、そしてさようなら

スポンサードリンク

アーカイブ

最近のコメント

ページ上部へ戻る