食費を削って1年間で体重12kgの減量に成功したあとらす式ダイエット

スポンサードリンク

あとらすは1年前まではデブでした!
自分の場合は顔に脂肪がつきやすく
他の部位にはあまり付きづらい体質らしく、
傍から見るとやせ型に見えちゃうんですよね。

とは言え顔の脂肪が気になるし、
お腹を摘まめば意外にもぼにょってるorz
そんな惨めな体が嫌いでした。

そんなこんなで自分は1年前から
ダイエットを実施する事にしたのです。

とはいってもやった事はただ1つ!
食べたくても食べれない環境にする!
つまり食費を削って食べる量を減らした!
ただそれだけのことなのです。


食費を削ってダイエットする事のメリットはたくさんある!!

食費を削るという事は、
言うなれば飯が食えなくなるという事。

とはいえ人がいきなり全く食事をとらない
生活を送ろうなんて無理に決まってるんで、
まずは1日の食事の回数を減らしましょう!

自分はダイエットする前は律義に1日3食だったのですが、
それを1日1食or2食に減らす事で食費を抑えました。

これにより当然生活費に占める食費の割合が結構減ります!
これを何日も続けていけば節約できる食費はバカになりません。

つまりこれを実践するだけで、

・食費を浮かせて節約できる!
・ダイエットしてカッコ良くなれる!

まさに一石二鳥なメリットを挙げられるわけです。
食費を浮かせられれば当然そこで捻出した余剰資金
別の何かに投資できるようになるので、
投資先次第で更にメリットを増やせるんです。

要するに食費を抑えてダイエットすれば
数々のメリットを得られるという事なのです。

あとらすは食費を抑えるダイエットで体重50kg台までダウンしました!!

あとらすはこの食費を抑えるダイエット
1年以上に渡って実施し続けた結果が実って
体重57kgまで減量させる事に成功しました!!

これが証拠画像です。
さすがにおっさんの全裸姿は載せれないし、
需要もないと思うので省略します(笑)

因みに1年前までは69kgまで太っていました。
つまりこのダイエットを実施した結果、
69kgから57kgまでの減量に成功したという事。

タイトルでも言った通り
1年で
12kgの減量に成功した
という事になるのです!

あとらす式ダイエットはただ単に飯を食わなければいいのではない!!

そんなこんなで取り合えず食費を削れば
あとらすみたいに体重減らせるという事が
分かって頂けたかと思います。

このダイエットは言うなれば、
食費を削って無理やり飯を食う回数を
抑える事で初めて成立するやり方です。

とは言え人は飯が食えなくなれば、
当然腹が減って食欲が湧いてくるものです。

つまり食欲と悪戦苦闘の末にようやく体重を減らせる、
そういう方法ですので、その食欲とどう向き合うかが
重要なポイントであることを念頭においてください。

なぜこういう事を言うのかと言うと、
このあとらす式ダイエットはただ単に
食費を削りまくって飯を食えなくすればいい!
そういうやり方ではないからなのです。

食事の回数を減らす事で成立するやり方なのです!

食事の回数を減らして減量前までよりも
食べる量を減らすことで意義を成すのですよ!

そこを履き違えないでください!
それを誤解して実践すると
飢餓状態に陥って本業に
支障を来しかねないので(笑)

あとらす式ダイエットのやり方をまとめました!

話がややこしくなってきたので、
あとらす式ダイエットの方法を
以下に簡潔にまとめます!!

①1日の食事の回数を減らす!

②それによって余剰になった食費を
別の用途に使うor貯金に回す!!

③上記を継続して実施し続ける!!!

特に②で書いた通り余剰になった食費を
無理やり別の用途に使ったり貯金に回したりして
無闇に必要以上に食べれない環境を生み出す。

これが結構重要になるので
それを踏まえた上で実施してみてください!


最後まで記事を見て頂きありがとうございます!

当記事に関する質問や言いたい事などありましたら、
下のコメント欄もしくは”お問い合わせページ”にて書き込みして下さい!

また記事冒頭や下のシェアボタンで自分のSNSなどに共有する事も出来ますので
たくさんコメントを書いて管理人を困らせちゃいましょう!

これを実施すれば理論上食費を浮かせられるので
貯金に回すなり出来るはずなのですが、

あとらすは今まで貯金をする事を怠ったが故に、
「お金稼ぎたい!」と言わざるを得ない
状況に追い込まれていったわけであります。

銀行口座の定期貯金で無駄遣いを無くしていく方法

せっかく稼いだお金も 全部使ってしまえば0になる。 自分は今まで自分の収入があればある分だけ 逐一散財するとい […]
コメントなし

なので稼いだお金を如何にして溜め続けるか?
そういうシステム作りも重要だと感じ始めていて、
それでこういった貯金にも手を染め始めている訳です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で管理人あとらすを
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

2018-12-19

A8.net初心者向けセミナーで学んだ事

スポンサードリンク

アーカイブ

最近のコメント

ページ上部へ戻る